本文へスキップ

氷見商工会議所青年部は、氷見市地域商工業の発展に寄与することを目的とします。

会長挨拶GREETING

スローガン

出会いから繋がりへ
〜みんなで進む新時代〜


会長所信

氷見商工会議所青年部
2019年度 第54代会長 辻 眞一
2019年度 会長

この度、氷見商工会議所青年部第54代会長を拝命し大変光栄に思うとともに歴代の先輩方から受け継がれてきた重責を担う事に対しての緊張と責任の重さに身の引き締まる思いです。青年部に入会してから今年度で15年目になります。青年部に入会したことにより先輩方や仲間との交流など沢山の経験や自己研鑽することにより成長させていただいたと思っております。成長させていただき育ててもらった青年部に対して最後の恩返しをさせていただく機会だと思っております。
今年度のスローガンは、「出会いから繋がりへ 〜みんなで進む新時代〜」とさせていただきました。私自身、氷見商工会議所青年部に入会したことにより多くの方々と出会いそして仲間になることができたと思っております。青年部に入会したからこそ業種も年齢も違う人との出会いがあり、活動を通して繋がりが深まったことが私の財産だと思っております。
私は、人と人との出会いには偶然はなく必然だと考えており、何かしらの意味があるからこそ人と人は出会うのだと思っております。メンバー同志の繋がりがより深まる、そんな一年にしていきたいと思います。今年は元号が平成から新元号の令和に変わる年であり、平成というひとつの時代が終わり新しい時代が始まる歴史的な年であります。そんな時代と時代の境目の年だからこそ青年部の仲間同志の繋がりをより深め、互いに協力し合いながら青年部の活動を行っていきたいとの想いがありサブタイトルに〜みんなで進む新時代〜とつけさせていただきました。青年部に入会したことにより仲間と出会い活動を通して人と人との繋がりが深まり互いに協力しながら未来に向かって進んで行きたい、そのような意味合いです。
今年度新たな試みとして、卒業年度にあたる理事の方々に各委員会の副委員長をお願いしました。経験豊富なメンバーが委員長のサポートに付くことにより、円滑な委員会活動を行えるようになればとの思いです。少しずつですが新しい事も取り入れながら変革をして行くことにより、固定概念からの脱却そして発想の転換などを踏まえながらも階段を上るように着実に一歩ずつ進むような一年になればと思います。
今年は消費税が上がりそれに伴い消費が落ち込むのではないかとも言われております。また少子高齢化による人口の減少が続いており、我々の住む氷見市においても現実のものとなっております。そしてIT等の発達により時代変化のスピードが早く、一年前に流行っていたことが今では忘れさられていることも沢山あり、その時々に合わせ変化していかなければなりません。そんな時代だからこそ青年経済人の団体である我々が先頭に立ち、青年部の仲間同志で自由な発想を出し合いながら、綱領にもあるように次代への先導者としての責任を自覚し、豊かで住みよい郷土づくりに貢献し、青年部そして地域の皆様と共に新しい時代に進んで行きたいと考えております。
1871年、6歳の時に最年少の女子留学生として岩倉使節団に随行し女子英学塾(津田塾大学)の設立者でもある津田梅子氏の言葉で「高い志と熱意を持ち、少数だけではなく、より多くの人々との共感を持てれば、どんなに弱い者でも事を成し遂げることができるでしょう」とあります。この言葉にあるように仲間同志の繋がりを大切にして、執行部や理事等の役職を受けているメンバーだけではなく、青年部会員全員と全力で一年間活動を行いたいと思っておりますので、会員の皆様の快いご協力の程よろしくお願い致します。


バナースペース


氷見商工会議所青年部

〒935-0013
富山県氷見市南大町10-1

TEL 0766-74-1200
FAX 0766-74-3511