本文へスキップ

氷見商工会議所青年部は、氷見市地域商工業の発展に寄与することを目的とします。

会長挨拶GREETING

スローガン

「en」〜エンを大切にしよう〜


会長所信

氷見商工会議所青年部
令和2年度会長 大森 照晃
2020年度 会長

新元号「令和」の時代が始まり約一年が過ぎようとしています。時代が変わっても氷見YEGが発展し続けていくためには、一年一年の積み重ねが大切であることは言うまでもありません。我々の活動は会員皆様の協力の上に成り立っていると私は思っています。過去から積み重ねた氷見YEGの活動を、誰かがやるからと他人任せの「他人事」ではなく、自分がやってやろうという「自分事」として、皆で力を出し合えば我々氷見YEGは今より更に事業活動が充実していくことだと思います。
今年度のスローガンを「en」と掲げさせていただきました。皆様、エンと聞いてどんな漢字を思い浮かべますか。「御縁」「応援」「講演」「円満」「宴会」など「en」という言葉には沢山の意味合いがあります。私はこの「en」という言葉を一つで多彩な意味を持つ素敵な言葉だと思って今年度のスローガンにしました。
色々なエンがある中で、私がこれまでの青年部活動を通して、一番の宝となったのは「縁」です。「御縁」があってこの氷見YEGに入会し、気がつけば今までの人生の半分以上をYEGの組織の一員として活動してきました。その間に素敵な人々との出会いがあり、YEG活動を通じて沢山の人と交流し、色んな立場の人や県内外の文化の考え方などをこの会から学ばせていただきました。また仕事やプライベートでは巡り合う事がなかったかもしれない人々と繋がりを持てたことを幸せに感じております。
私自身まだまだ学んでいる最中ではありますが、私なりに青年部を通じて多くの先輩方から与えていただいた喜び、楽しみ、全体事業を頑張った達成感などを次は若い世代に伝えていきたいと考えています。そうやって数々の先輩方から与えていただいたことを次の世代に引き継ぐ事が第55代目に会長をさせていただく私のやるべきことだと思っています。
今年度は富山県内で北陸信越ブロック大会が開催されます。また氷見YEGが富山県連の主管単会となります。運営の協力や各事業へ、我々氷見YEGが積極的に参加し、会長として氷見YEGメンバーを率い、ブロック大会の成功の一助となるよう「支援」し、富山県連各単会の想いが一つになるよう努めます。
年々氷見市の人口が減少していく様に、氷見YEG会員数も減少しております。今後も会を「円滑」に運営していく為には会員の拡充が必要です。現役会員だけではなく、OBの先輩方にもご協力を仰ぎ、また同じような課題を抱えている他単会とも情報の交換を行い、この重要な課題に取り組んでいきたいです。
私が入会してから21年の間に、世の中が目まぐるしく変化しました。このような時代を生き抜くためにも、新しい知識を取り入れ、文化を伝承し、新しい時代に向かっていけたらと思います。一人の知識や経験では乗り越えられないこともあるかもしれません。だからこそ力を合わせ、工夫を積み重ね、創造性を追求していく姿勢が求められると思います。
県内外のYEGとの交流も積極的に行い、氷見の良さを他単会に伝え、他の地域の文化を氷見に活用できないか、相乗効果で良くなる関係、焚き付け火がやがて大きな「火炎」になっていくような継続的事業を出来ればと考えています。過去の「ハイウェイビジネス交流会」や「地球元気村」や「大町、黒部の交流」、これらの様な継続的事業を行う火種の様な役割を果たしたいと思います。
最後になりますが、皆様と一緒にYEG活動を楽しみ、それぞれの「en」を大切にして氷見YEGを盛り上げていきましょう。一年間どうぞ、ご指導、ご協力の程よろしくお願い致します。


バナースペース


氷見商工会議所青年部

〒935-0013
富山県氷見市南大町10-1

TEL 0766-74-1200
FAX 0766-74-3511